税理士法人報徳事務facebookページ
セミナー案内
TCK全国会
ISOについて
Pマーク
関東信越税理士会所属

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは
こんなお客様にオススメ
受付までの流れ
コース価格表

セカンドオピニオンとは

医療の世界では自分の体のことや治療方針について、患者にとっての知る権利が重要視され、患者さんの中にはかかりつけ医師以外の医師に、セカンドオピニオンとしての診断を依頼される方も増えてきています。
経営、税務、会計の世界でも同じではないでしょうか。

すでに永年お付き合いしている顧問税理士などがいらっしゃると、なかなか他の税理士などの意見や考え方を聞く事ができません。
しかし重要な案件や重大な意思決定を下す際に、顧問税理士だけの意見やアドバイスだけでは、どうも決断がつかないという時、セカンドオピニオン制度を利用して他の税理士の意見やアドバイスを別の角度から得ることは有効です。

そこで、現状の顧問税理士・公認会計士との契約はそのまま継続することを前提に、気軽に質問できる「セカンドオピニオンサービス」を開始しました!!

セカンドオピニオンとは

経営について

経営者は、経営判断を常に迫られます。経営判断の基準となるのは、単に売上に結び付くから、コストが下がるから、業績が上がるからといった、そんな単純なものばかりではありません。
考慮する対象期間が、5年や10年先といった非常に長期的な場合もあれば、その更なる先の将来を見据えているケース、また、緊急を要する企業再生の場合もあります。つまり、経営者の経営判断は、「企業が成長するため、そして存続するため」を基準にして考えなければなりません。
そこで、セカンドオピニオンサービスは、経験にもとづいた客観的な意見を親身に提供致します。

税務について

税務の判断は、会社によっても様々ですが、税理士によってもその見解は分かれます。税務署の判断の範囲がどこまで及ぶのかを念頭に、多くの事例、判例をもとに回答します。
通常の法人税のほか、組織再編税制などの特殊分野、また、相続税・所得税の対策にも対応していますので、税務メリットを十分に感じていただけることと思います。

会計について

会計の世界では、従来の伝統的な取得原価主義会計から2000年の会計ビッグバン、昨今のIFRSなど会計処理の選択適用にあたって、経営者の判断が必要となる部分や、将来事象に関する見積りの要素が高まってきています。
そのため、会計処理についても外部の公認会計士の意見を聞くことは、有益であると思われます。

こんなお客様にオススメ

▶ 今まで、経験したことのない案件であるため、念のため、第3者の客観的な意見も参考までに、聞いてみたい。
▶ 身内の顧問税理士にも聞けないような話を、相談したい。
▶ 顧問税理士はいるが、相続について経験が少なそうなので、事業承継の面で不安もなくはない。
▶ 組織再編、連結納税、外国法人・非居住者課税など専門性の高い特別な分野について、確認したい。
▶ 企業経営に係る設備投資の意思決定や従業員管理などについて、外部からの客観的な意見を聞きたい。
▶ さまざまな世代の税理士、公認会計士の意見が聞いてみたい。
▶ 税務だけでなく、会計だけでなく、経営だけでなく、それぞれを関連させた意見を聞いてみたい。
▶ グループ経営全体に関わる、税務、経営など総合的に意見が聞いてみたい。
▶ 経営している会社には、既に顧問税理士がいるので、オーナーの立場側で考えてくれる税理士の意見が聞きたい。などなど

受付までの流れ

STEP1 : お問合わせ

お問合わせ

案件の大小問わず、気がかりな点やご不明点など、専門家が48時間以内にお答えさせていただきます (※)。
フリーコール/ 0800-808-2525
営業時間 / 9:00~18:00(土日祝を除く)
もしくは、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
(※) 繁忙期等には、多少のお時間を頂戴するケースもございます。
また、ご質問内容によっては、回答しかねるケースもあります。その場合は、ご相談とさせてください。

STEP2 : 内容の確認

内容の確認

いただいたご質問の内容などについて、前提の確認が必要な場合には、こちらからメールもしくは、電話で確認させていただきます。

STEP2 : ご回答

内容の確認

1に記載しましたとおり、48時間以内に専門家が、メールもしくは電話にて回答させていただきます。
初回無料です!!

コース価格表

さくらコース

▶ 今期は、利益が予想以上に出そうだ決算対策について、意見を聞きたい。
▶ 大きな投資をするかどうか悩んでおり、設備投資の経済性計算をやってみたい。
▶ 経営上の意思決定を迫られている。より客観的な意見を聞きたい。
▶ M&Aを考えており、スキームについて相談したい。
▶ 特定の新会計基準についての処理を確認したいなど

料金:初回無料 2回目以降 30分5,000円(消費税別)

ひかりコース

  • 銀行から経営改善計画について提出を求められている。
  • 会社経営が軌道に乗ってきたので、税務上早めの決算対策を考えたい。
  • 資金繰りの継続的な改善をしたい。
  • 会計処理について継続的な意見を聞きたい。
料金:企業規模に関係なく月額15,000円(消費税別)半年更新
相談回数:半年間で12回(1回あたり1時間以内)
12回を超える場合には、30分5,000円(消費税別)の追加料金で承ります。

のぞみコース

▶ 会計処理、税務処理が不慣れなため、その都度、話を聞きたい。
▶ 会社立ち上げ時期なので、意思決定について、適宜意見を聞きたい。
▶ 経営、会計、税務ちょっとしたことでも聞きたい。

料金:企業規模に関係なく月額50,000円(消費税別)半年更新

資料作成・調査費用につきましては料金を頂いておりません。
セカンドオピニオン顧問契約につきましては別途ご相談させて頂きます。

お問合せ