税理士法人報徳事務facebookページ
セミナー案内
TCK全国会
ISOについて
Pマーク
関東信越税理士会所属

税務会計顧問

企業経営者にとって正確な月次決算の結果をできるだけ早く把握することは、迅速な意思決定を行なう上で、何より重要です。
そこで、当法人では、毎月「巡回監査」を実施し、会計資料並びに会計記録の適法性と正確性を確保しながらスピーディーに月次決算を行い、最新の経営成績、財政状態を分かりやすく報告します。
決算を向かえる前には、決算対策検討会を実施し、正しい決算書・申告書を作成いたします。
会計・税務・業績管理等の業務は当然のことながら、当法人ではさらに、書面添付申告、自計化支援、経営計画策定支援、企業防衛指導、会社設立・創業支援等も行なっています。
また、電子申告も推進しております。

巡回監査
書面添付
自計化

巡回監査

毎月、貴社を訪問し、親身に経営アドバイスを行います。

毎月訪問し、貴社の健康状態をチェックします。

● 当事務所の巡回監査担当者が、毎月1回以上貴社をご訪問し、正しい会計帳簿の作成ができているか確認します。
● 記帳(入力)に間違いなどがあった場合は、経理のご担当者に親切にご指導し、正しい会計データを確定させます。
● 月次決算の実施により、正しいデータに基づいた月次決算書が作成できます。
● タイムリーな会計数値を使用した意思決定が可能になります。


巡回監査には、経営面のサポートと経理面のサポートの大きな2つの要素があります。

経営面のサポート
経理面のサポート
イメージ

 


経営面のサポート
経営面のサポート

● 月次決算後の最新の経営成績、財政状態を分かりやすくご説明します(正しいデータを基にしなければ正しい意思決定ができません)。
● 予算と実績の対比などを使用し、、今後の経営についてのお話をさせていただきます。
● 災害等で財務データが損傷した場合のリカバリーなど、安心できる会計システム(FXシリーズ)の導入等をご支援いたします。


 

経理面のサポート
経理面のサポート

● 貴社の経理業務の効率化を検討し、経理担当者の負担軽減を図ります。
● 合理的な日常の経理業務の方法をわかりやすくご指導します。
● 金融機関等にも高く評価される、法令に完全に準拠した、正しい会計帳簿と決算書の作成をご支援します。
● 税務に関する手続きはもちろん、給与支払いや労務関係等、必要となる手続きに関する情報提供やアドバイスを行います。

書面添付

書面添付制度は、貴社の決算書の社会的信用力を高めます。

書面添付制度とは、法律(税理士法第33条の2)に定められている制度で、企業が税務署に提出する税務申告書の内容が正しいことを、税理士が書面に記載し、申告書に添付する制度です。これにより、申告書の社会的信用力が高まります。

税理士法第33 条の2 第1 項に規定する添付書面

企業の信用力アップとは
書面添付をするには
イメージ

 

企業の信用力アップとは
企業の信用力アップとは

1.税務署に対しては…
    ・税務申告の適正さをアピールします。
    ・税務調査の期間短縮や省略につながる可能性もあります。

2.金融機関に対しては…
    ・融資担当者の信頼を獲得します。
    (金融機関によっては、金利が低くなることもあります)

3.取引先に対しては…
    ・取引拡大、取引継続に安心感を与えます。



 

書面添付をするには
書面添付をするには

書面添付をするために、貴社に特別な業務が増えることはありません。
ただし、当事務所では「月次巡回監査を受けている」「“基本約定書”“完全性宣言書”等の書面を交わしている」などのいくつかの条件を満たしていただいた上で、書面添付を行っています。

基本約定書
完全性宣言書


自計化システム

自計化システム

コンピュータ導入による自計化は情報社会の進展に伴い避けて通れないものとなっています。

当法人では、下記のTKCの戦略経営者支援システムの提案・導入を通して、単なる会計システムの導入に止まらず、業績管理ツールとしてのパソコンの活用提言を積極的に行い、お客様の情報化のご支援を積極的にさせていただいております。

お問合せ